MENU

ニュース / 記事

前向き思考でアレルギーが改善する?!


この度の九州地方における豪雨により
被害に遭われました方、
いまなお不安な思いを抱えお過ごしの方、
心よりお見舞い申し上げます。
少しでも早く前線が通り過ぎますように。

先ほど、犬たちを散歩に連れて行ったのですが、
「蒸し暑い!」ですね・・
今日は風があるので涼しいかと思ったのですが大間違い!
歩くとジトっとした梅雨らしい暑さが襲ってきて
犬も人間もゼーゼー、バテバテになりました・・笑。

さて、今日は-病は気から-
アレルギーに関する興味深い論文をご紹介いたします。

このほど、
山梨大免疫学の研究グループが発表した論文によりますと
-前向き思考でアレルギーが改善する-?!

すでに、
花粉症や気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎など
アレルギーに対する新薬の臨床研究では-
患者さんが偽薬が効いたと信じ込む「プラセボ効果」が
他の疾患の薬よりも高くでることが知られていました。

今回の山梨大のマウスを用いた研究の結果、
様々な方法でポジティブな気持ちを持たせると
2、3割ものマウスの症状が軽くなった!といいます。

「アレルギー疾患の治療は、
薬を適切に使うことが第一に大切であるが、
患者さん自身が前向きな気持ちを保ち続けることも大切である。」
ということが示されました。

また、
「前向きな気持ちは、
免疫の過剰な反応であるアレルギーを抑える一方
ウイルスへの正常な免疫の働きを高めると考えられるので
新型コロナウイルスなどへの抵抗力も上がるはずだ。」と。

いま現在、
新型コロナウイルスの患者数が増えているのは
第1波の残存と考えるのが自然とのこと。

もし万が一、
第2波が襲来するのであれば
過去の感染症の歴史によりますと、
患者数は今までより2桁は変わってくるとか・・

なにしろ未曾有のウイルスですのでどうなるものなのか・・
不安は尽きませんが、今回だけでなく、
どんなときにも「前向きに過ごして」決して損はありません。

皆さまが少しでも前向きに
少しでも安心して、日々お過ごしいただけますように
そらいろクリニックではさまざまな取り組みを行ってまいります。

前回のブログで
「乳酸菌生成エキス・アルベックス」をご紹介いたしましたが
少しずつお問い合わせをいただいています。

また「喘息バッチ」も大変ご好評をいただいており、
現在品切れいたしておりますが、第3弾を追加で作成中です。
またどんなデザインになるか楽しみにしていらして下さい。

この夏は、
「こころもからだも少しでも元気な夏に!」と
お役に立てれば、とスタッフが急ピッチである商品を開発中です。
近日中にお知らせできれば良いなと思っています。

それでは、
明日からの一週間もどうぞよろしくお願いいたします!

マツオカそらいろクリニック