MENU

ニュース / 記事

マスク皮膚炎


『マスク皮膚炎』

新しい生活スタイルのひとつ
ーマスクの着用ー

マスクをつけていると
明らかにのどの調子が良く
風邪をひきにくくなるので
私は以前から気に入って行っていたのですが

しかし、避けられないのが「肌トラブル」

マスク着用の生活になり
ほおやあご、耳のあたりが赤くなってかゆい
そんなことはございませんか?

かゆくて夜中に無意識に掻いてしまい
朝ひどくなっているけれど
またマスク着用により悪化

それを繰り返してはいらっしゃいませんか?

・ご使用のマスクのサイズが小さく
 皮ふが強く擦れることによって刺激となり
 赤くなって炎症がおきます。

・マスク着用時には
 ご自身の呼気でマスク内の湿度が保たれていますが
 外した際に、一気に肌の水分が奪われ、乾燥が進みます。

・マスク内の密閉空間で
 呼気により湿温度が高くなると、細菌が発生しやすくなり
 ニキビができやすくなります。

そこで!対策!
-「乾燥」と「摩擦」を避けましょう-

①自分に最適なサイズや肌あたりがやわらかく
毛羽立ちの少ないマスクを選びましょう。

②洗顔は、強く洗いすぎず、
洗顔後は、十分な保湿ケアを行いましょう。

③マスクは、汗をかいたら交換するか
ガーゼを一枚はさんで、それを取り換えるようにしましょう。

④質の良い睡眠をとりましょう

・規則的な生活リズム
・起床時にはまず朝日を浴びる
・就寝3時間以上前には夕食を済ませ
 就寝1~2時間前までにお風呂を
(40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかる)

⑤毎日少しずつ軽い運動を心掛けましょう。
(血行促進・ストレス解消につながります)

これから暑さが増していきます。
少しでもトラブルがあると、マスク着用も
今までより不快に感じられるかもしれません。

毎週水曜午前は
皮膚科も同時にご受診いただけます。

もし肌トラブルにお悩みでしたら
ご相談ください。

余計なストレスを増やすことなく
気持ちのよい毎日を過ごしましょう!

そらいろスタッフ