MENU

ニュース / 記事

そのアレルギー症状ご相談ください。




『そのアレルギー症状ご相談ください』


鼻が・・・

□鼻水がでて仕事や勉強に集中できない
□くしゃみがつらい
□鼻がつまって息苦しい、夜眠れない
□鼻が垂れてきてつらい


せきが・・・

□季節の変わり目、かぜのあとせきが長引く
□朝や夕方、夜にせきが強くなる
□せきで夜眠れない
□息苦しくて不安


のどが・・・

□のどにたんがからまってしんどい
□くだもの、野菜をたべるとのどがかゆくなる、イガイガする。


目が・・・

□季節の変わり目になると目がかゆくなる


皮ふが・・・

□蕁麻疹がでてかゆい
□かさかさしてかゆくなる


つらい症状だと思います。
その症状、
がまんしていませんか?



アレルギーは原因を取り除くだけでも症状が改善する事があります。
でも放っておくとますますひどくなることがあります。

これまでのお薬を変更したり、適切な治療で症状がもっと軽くなる可能性があります。
アレルギー症状を軽くして、快適な生活を取り戻しませんか?

アレルギー専門医として、あなたがそのつらい症状から解放されますように
お手伝いができましたら嬉しいです。

お気軽にご相談ください。

院長より皆さまへ


本サイトをご覧いただきありがとうございます。
院長の松岡弘典と申します。

私はアレルギーの病気である喘息やせきを専門に診療や研究をしてまいりました。

自分がアレルギー体質であったこと、自分を守るはずの免疫が自分を攻撃してしまう、

そんなアレルギーの不思議な現象に興味を持ち続けていたこと、

そして世界中で増え続けるアレルギーの病気を何とかしたいという想いでこの道に入りました。

私は特に気管支のアレルギーである喘息の治療を専門にしていますが、

喘息の方はアレルギー性鼻炎など、他のアレルギーの病気も持っている方も多く、

喘息の治療だけでなく、全身的なアレルギー治療を行い、

患者さんに楽になってもらえる、喜んでもらえるよう診療していくことが大切だと思っています。

アレルギーの原因を可能な限り追求し、治療をしていくことで今より楽で安心した生活を送れる可能性があります。

アレルギーのことでお困りのことがあればご相談ください。


マツオカそらいろクリニック院長
松岡弘典

京都大学医学博士
日本アレルギー学会専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
総合内科専門医

星座:かに座  血液型:A型
好きなもの: コーヒー(深煎り)、絵を観ること(描くのは苦手)
音楽を聴くこと(楽器は弾けません)、お酒(何でも飲みます)



『当院がめざすアレルギー治療』

アレルギーの症状は不快ですし不安すら感じることもありますよね。

患者さんによって症状の感じ方、困っていることはそれぞれ違ったりします。

あなたが困っていること、不安なことをよく伺い、必要であればアレルギー検査を行い、 あなたに合った治療法をあなたと一緒に探していきます。

一刻も早くあなたがアレルギーの症状から解放されるようお手伝いしたいと思っています。

『当院のアレルギー治療におけるこだわり』

  1. アレルギー専門医、総合内科専門医である院長が専門的、全身的なアレルギー診療を行います。

  2. お薬の処方だけでなく、食事、運動、環境の面のアドバイスもいたします。

  3. 院内でお薬を処方しますのでワンストップで診察が終了します。


『アレルギー診療の進め方』

●原因の追究


  1. 問診や採血によるアレルギー検査で原因を追究します。

  2. 喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症をお持ちのお子様の場合(3歳以上)、痛みが少ない指先からの採血でアレルギー検査ができます。(ダニ、スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、イヌ、ネコ、ゴキブリ)


●適切な治療



  1. アレルギーの治療薬にはたくさんの選択肢があります。症状の感じ方もひとそれぞれ違います。
    症状の強さ、これまでの治療歴などをもとに、あなたに合った治療薬を提案していきます。

  2. 薬による治療だけでなく、生活環境、生活習慣のアドバイスもいたします。

  3. ダニやスギのアレルギーの方には舌下免疫療法(下記参照ください)も可能です。

  4. 症状が強い喘息、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎、花粉症の方に効果が期待できる薬(抗体製剤:ゾレア、ヌーカラ、ファセンラ、デュピクセント)も使用可能です。

    ※(蕁麻疹、アトピー性皮膚炎の抗体製剤治療に関しては皮膚科の先生(水曜午前)の診察が必要です)。

  5. より専門的な治療が必要な場合、その疾患に精通した医療機関をご紹介いたします
    (当院では水曜午前は皮膚科の専門医が診察しております)。


  6. 「当院で対応しているアレルギーの病気・治療」

    ●喘息・咳喘息


    長引く咳、息苦しさを伴うことがあります。
    朝、夜に咳が強くなることが多いです。
    吸入薬等で治療します。
    放っておくと症状がひどくなることがありますので
    早めに治療して、しんどい症状から解放されましょう。

    ●アレルギー性鼻炎・花粉症



    年中あるいは季節の変わり目(春・秋)に
    くしゃみ、鼻水、鼻づまりがある。
    仕事や睡眠、趣味にも影響が出ることがありますよね。
    現在治療中の方は今お使いのお薬を変える、別のお薬を追加する、生活環境を整えるなどで症状が改善する可能性があります。一度ご相談ください。

    ●口腔アレルギー症候群


    くだもの、野菜を食べるとのどがイガイガする。それは口腔アレルギーの可能性があります。
    アレルギー検査をして原因を特定することができるかもしれません。

    ●蕁麻疹


    蕁麻疹、かゆいですよね。原因が分からないことも多い病気ですが、お薬を調整することでなるべく症状が出ないようにしてきます。

    ●目のアレルギー


    花粉症の時期に目がかゆくなりませんか?飲み薬だけではかゆみが取れないこともあります。
    コンタクトレンズの上から使用できる点眼薬もありますのでご相談ください。

    ●アトピー性皮膚炎(皮膚科の先生の診察となります)


    毎週水曜日皮膚科の先生が診察いたします。
    薬を処方するだけでなく、スキンケアやアトピー性皮膚炎が悪くならないような生活のポイントもお伝えします。
    最近使用できるようになった注射薬(デュピクセント)も使用可能ですので一度ご相談下さい。

    ※2歳以下のお子様の診療、「お子様の食物アレルギー」、「金属アレルギー」、「化学物質過敏症」の診療は当院では行っておりませんのでご了承ください。

    ●舌下免疫療法


    ダニとスギのアレルギー性鼻炎が対象になります。
    アレルギーを引き起こすダニとスギに存在する物質を含んだお薬を、
    毎日服用することでスギやダニのアレルギー症状がでにくい体質になっていきます。

    8割の方に有効で、普段使っているお薬が必要になくなる方もいらっしゃいます。

    アレルギー体質を改善させる根本的治療につながる治療方法です。
    詳しくは以下のサイトもご覧ください。
    http://www.torii-alg.jp/

    アレルギー症状でお困りの方、どうぞ一度ご相談ください。

    その際はぜひ、順番予約をお取りください。

    診察まで後どのくらいかご確認いただけますので、
    待つことなく診察させていただけます。

    どうぞご活用ください!