MENU

ニュース / 記事

春の花粉症とPM2.5




『春の花粉症とPM2.5』

相変わらず、神戸の空が黄色っぽく霞んでいることも多く
日によってはPM2.5が多く飛来しています。

以前より中国から飛来する黄砂が
スギ花粉症を悪化させる要因になり得ると言われていますが、
PM2.5も同様に花粉症の症状を悪化させる可能性があります。

PM2.5は、喉や呼吸器の症状を引き起こすことが知られており、
通常の花粉症の症状の悪化に加えて、
気管支炎や喉の違和感や痛みを生じる事があります。
PM2.5はアレルゲン(アレルギーの原因物質)ではなくて刺激物質です。

春先からのくしゃみや鼻水、目のかゆみ、
またコンコンという乾いた咳があれば・・
それは花粉症あるいは黄砂の影響かもしれません。

「花粉症かも?PM2.5の影響かも?」

それをきちんと見分けるためには・・

アレルギー検査が必要です。


一度、アレルギー検査をしてみませんか?

どうぞお気軽にご相談ください。

今年の春は、昨年よりも
楽しく爽やかに過ごせたらいいですね!

いろいろな人、いろいろな想い
みんな、そらでつながっている
どんなそらにも陽が差しますように・・


#東灘区#咳#花粉症#アレルギー検査