MENU

ニュース / 記事

春の肌荒れ




『春の肌荒れ』

春は肌荒れを起こしやすい季節です。

冬は乾燥が厳しいと思われていますが、
実は、春も同じくらい乾燥しています。

春になると、顔がかゆくなる、腫れぼったくなる、
肌が乾燥して粉っぽくなるなど、さまざまな症状が出てくる方がいらっしゃいます。

花粉が飛散する時期に、

「肌がヒリヒリする」
「ニキビのような赤いブツブツが出てきた」
などの症状が出てきたら・・

花粉が付着することで肌がかぶれて、
炎症を引き起こしているのかもしれません。

春になると空気中を舞う花粉の量が増加します。

通常、皮膚にはバリア機能があって
花粉が付着してもブロックしてくれます。

ところが、花粉症の方は、
目をこすったり鼻を何度もかんだりするため、
皮膚が摩擦で荒れてしまいがちになります。

そうするとバリア機能も低下して花粉の浸透を許し、
かぶれや炎症、湿疹などを引き起こしてしまうのです。

また、花粉の季節は肌が弱りやすいので、
化粧品の成分でヒリヒリしてしまうことがあります。

お肌が敏感になっている時、季節の変わり目には、
化粧品のブランドを変えることは控えた方が良いかもしません。

これからの季節、
日ごろのケアをしっかり行い、健康的な肌を保ちましょう。


もしお困りの症状がございましたら

1月のそらいろ皮膚科診療日

1月23日(水)午前

経験豊富な、ほんわかとても優しい
女性医師が診察させていただきます。

どうぞお気軽にご相談ください♫


いろいろな人、いろいろな想い
みんな、そらでつながっている
どんなそらにも陽が差しますように☆


#東灘区#皮膚科#花粉症#肌荒れ
#そらいろ皮膚科にお任せください