MENU

ニュース / 記事

粉じんによるアレルギー症状




『粉じんによるアレルギー症状』

年末になり、街のあちらこちらで工事が行われています。

私たちの身の回りには、工事など破砕、解体、修繕等により
大気中に飛散した「粉じん」が数多く存在します。

少量の粉じんを吸い込んだとしても、呼吸器は
粉じんを体外に排出したり体内で処理することによって、
粉じんの健康障害から身体を守ってくれています。

例えば、
くしゃみや咳は体内に入った粉じんを体外に排出する働きの一つです。

しかし、多量の粉じんを長期間吸い込むような環境では、
粉じんを十分に排出・処理することができず、肺の中に滞留した粉じんが
肺胞やその周囲に繊維組織を増やすことで呼吸機能が低下する「じん肺」、
粉じんに対するアレルギー反応である「喘息」などが発生します。

お近くで工事が行われている時には、

◇窓を開けない
◇洗濯物を外に干さない
◇部屋を加湿する
◇拭き掃除をする
◇マスクを着用する

などして、なるべく多くのホコリを吸い込まないよう
心掛けて下さい。

咳が長引くようでしたら
喘息になっている可能性もございます。
どうぞ早めにご受診下さい。

この記事が少しでも、この慌ただしい年末に
皆さまの元気な毎日にお役に立てましたなら嬉しいです。


いろいろな人、いろいろな想い
みんな、そらでつながっている
どんなそらにも陽が差しますように・・

#呼吸器内科#長引く咳#喘息#アレルギー