MENU

ニュース / 記事

胃食道逆流症と咳




『胃食道逆流性と咳』

今の時期、
なかなか咳が治らずに困っていっらっしゃる方も 多いのではないでしょうか?

長引く咳の原因で最も多いのが、
喘息や咳喘息といったアレルギーの咳です。

しかしながら、
そうでない患者様もいらっしゃいます。

長引く咳の原因で、
喘息や咳喘息の他に多いのが「胃食道逆流症」です。

胃食道逆流症??おかしいですね。
「おなかの病気ではないの?」とお思いになる方も多いでしょう。

そうなんです。確かに、おなかの病気です。
でも胃液が食道に逆流することで咳が出ることがあるのです。

◇痰の出ない咳
◇会話、前かがみの姿勢、体重増加、食事で咳が強くなる
◇胸やけやおなかの膨満感を感じる

こういった症状がある場合、
胃食道逆流症による咳である可能性があります。

ただ、4割ほどの方には逆流症状がありません。

症状のない患者さんに
原因が胃食道逆流症であるとご説明しても、
初めはご納得いただけないことがあります。

胃カメラでも胃食道逆流症の所見がない場合もあり、
治療は、胃酸を抑えるお薬で症状が緩和されるかを確認していきます。

そのつらい咳から少しでも早く解放されますよう
この記事が少しでもお役に立てましたら嬉しいです。


写真は、
スタッフからいただきましたプレゼント。
とっても優しい色合いで、
また悩みをも吹き飛ばしてくれそうな爽やかなアレンジメント。

師走らしく忙しなく日々を送る我が家に
ふと立ち止まってホッとする
そんな空間を届けてくださいました。

誠にありがとうございました。

何かと忙しない年末ですが、
皆さんも、時には立ち止まり心身ともホッとして、また動き出す
是非そんな時間もお作り下さい。


いろいろな人、いろいろな想い
みんな、そらでつながっている
どんなそらにも陽が差しますように・・

#東灘区#長引く咳#逆流性食道炎