MENU

ニュース / 記事

PM2.5によるアレルギー症状




『PM2.5によるアレルギー症状』

ここ最近、神戸では大変視界の悪い状態が続いています。

お気付きでしたでしょうか?
海も山も黄色い霧がかかっているような感じです。

これはPM2.5に因る現象のようです。

昨日は少しましでしたが、
本日よりまたの濃度が上昇すると予測されています。

目がかゆい
涙目になる
風邪ではないのに、咳が出る
外へ出た瞬間、咳き込む
なかなか咳が治らない

などの症状はございませんか?
せっかくの良い季節なのに、お辛いですよね・・

PM2.5は微小なため大気中に長く滞留し、
呼吸器に影響を及ぼします。

そして、より肺の奥まで入り込むため、
喘息などの呼吸器疾患を起こす確率が高くなります。

<対策として>

◎屋外にいるとき
PM2.5を大量に吸い込まないよう、長時間の激しい運動を減らす
マスクを着用する

◎屋内にいるとき
不必要な外出はできるだけ控える
換気や窓の開閉を必要最小限にする

もし外をご覧になり、
黄色っぽい・・曇りじゃないのに曇っている感じがする・・
そんな時は是非対策をしてお出掛け下さい。

マツオカそらいろクリニックでは、
『咳治療の専門家』である院長が、
じっくりお話をうかがい、共に治療計画を立てさせていただきます。

『咳』でお困りのことがございましたら、
どうぞお気軽にご相談下さい。


写真は、
患者さまにいただきましたクリスマス刺繍のオーナメント。

心をこめてお作りいただきましたからでしょうか
とてもお上手でデザインもとても可愛らしいのですが、
なんとも温かく・・
これから寒さに向かう中、クリニックの中はぬくもりでいっぱいになりました。

誠にありがとうございました!


いろいろな人、いろいろな想い
みんな、そらでつながっている
どんなそらにも陽がさすように

#東灘区#咳#PM2.5#アレルギー