MENU

ニュース / 記事

乾いた咳が続いていませんか?





『乾いた咳が続いていらっしゃいませんか?』

□たんのない乾いたせきが続く
□ゼーゼー・ヒューヒューという喘息によくみられる喘鳴はない
□季節の変わり目や風邪が引き金となり、せき症状が長引く
□夜間から明け方にかけてせきが出る
□冷たい空気、煙草の煙、ハウスダスト、運動などによりせき込みやすい
□台風や季節の変わり目などで悪化しやすい


こういった症状がございましたら・・
それは「咳喘息かもしれません」

咳喘息は、喘息ではありませんが、
喘息と同様に気道(空気の通る道)に炎症が起こり、
いろいろな刺激によって気道が狭くなることで、
せきが出る病気です。

症状がせきだけだからと治療せずに放置すると喘息になる可能性が高く
咳喘息患者さんの3~4割の方が喘息に移行すると言われています。

咳喘息の治療には、吸入ステロイド薬や
気管支拡張薬(気管支を拡張させて空気の通り道を広げる薬)を使います。
せきが治っても気道の炎症をしっかりと取るために
月単位での治療が必要になります。

そして炎症をしっかり取ることで再発をなくし、
喘息への移行を防ぎます。

早めの診断・治療がとても大切です

もし気になる症状が少しでもおありになりましたら
どうかお早めに、ご受診下さい。

写真は、患者さんの刺繍の最新作です。
シックながらも可愛らしい絵柄で、とても癒やされています。
ありがとうございます!

それに合わせソファのクッションやブランケットも模様替えしました。
これから寒さにへ向かう前に、
少しぬくもりある空間となりましたでしょうか。


いろいろな人、いろいろな想い
みんな、そらでつながっている
どんなそらにも陽が差しますように