MENU

ニュース / 記事

季節の変わり目に出る咳




2018年8月19日日曜日

『季節の変わり目に出る咳』

「息をするとヒューヒュー、ゼーゼーという音がする」
「咳が出て、なかなか痰が切れない」「息が苦しい」
「胸が重く感じる」「咳が止まらない」
「階段を昇ったりすると息切れがする」
「運動をすると息切れが強い」

このような症状はございませんか?

喘息は、秋・春に悪化しやすいことが知られています。

これは気候の影響が大きいとされています。
特に10月にもなると朝晩は冷えるけれど昼間は汗ばむほどの陽気に。
こういった気温差や秋の花粉症、風邪が喘息の誘発に関係していることが知られています。

季節の変わり目になると咳が長引く場合、喘息を疑ってみる必要があります。

喘息は、気管支に炎症が起こっているため、
まるで皮膚が火傷を起こしたように様々な刺激に対し過敏な状態になっています。
このため喘息では気温差・タバコなどの煙・香水などの匂いというような
様々な刺激をきっかけに咳が出たり、時に喘息発作を起こすことがあります。

早めの治療が非常に重要です。

もしこのような症状がございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

いろいろな人、いろいろな想い
みんな、そらでつながっている
どんなそらにも陽が差しますように