MENU

ニュース / 記事

喘息




2018年2月21日水曜日

「喘 息」

少し暖かく感じる日が増えるにしたがい、喘息の調子が悪くなる方が増えてまいりました。

これまで喘息にかかったことのない方でも、

咳が長引く、夜や朝方に咳が強くなる、息苦しかったり胸がぜーぜーする。

このような症状が一つでもあてはまる場合、喘息の可能性がございます。
一度医療機関を受診下さい。

風邪をひく、花粉の飛散が増える、気圧が下がる、疲れやストレスがたまる。
これらは喘息の調子を悪くする原因となりますので喘息をお持ちの方は注意が必要です。

最近ではPM2.5や黄砂といった大気汚染物質も喘息を悪くする原因であることが分かってまいりました。
環境省の大気汚染物質監視システム(そらまめ君

を参考に、大気汚染物質の状況を確認し、汚染物質が多い日は不急の外出は控えるといいでしょう。

まだ花粉の飛散は少ないですが、症状が出ている方も見受けられます。
花粉症など、アレルギー性鼻炎の調子が悪いと、喘息の調子が悪くなることがあります。
喘息をお持ちの方で鼻の調子が悪くなるようでしたら医療機関の受診をお勧めいたします。

この記事がきっかけとなり、少しでも皆さまの元気な毎日のお手伝いができましたら嬉しいです。

いろいろな人、いろいろな想い
みんな、そらでつながっている。
どんなそらにも陽が差しますように・・