MENU

ニュース / 記事

花粉の季節へ




2018年2月10日 土曜日

花粉の季節へ

写真は、今週頂戴いたしました素晴らしい刺繍作品です。
誠にありがとうございました。

L・N・トルストイの「さんびきのくま」のお話がモデルです。
とっても可愛らしい女の子が綺麗な花束を手にしています。
花というと、この時期鼻がムズムズされる方がいらっしゃるのではないでしょうか?
当院でも「鼻水が出始めた」「咳が出る」「涙目になる」「体がだるい」など
お困りの方が増えてまいりました。

今年のスギ花粉飛散のピークは、関西では3月上旬から中旬とのこと。
スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉のピークが始まります。

神戸では本日より天気が崩れ、回復する来週半ばより
冬型の気圧配置が緩んで、暖かくなる予報が出ています。

花粉が大量飛散するのは
・晴れて気温がグッと上がる日
・空気が乾燥しており風邪が強い日
・雨上がりの翌日や気温の高い日が数日続いた後
です。まさに来週末、注意が必要です。

【花粉症対策について】
まず大切なのは、花粉が飛び始める前から薬物治療を開始することです。
症状の辛さは人によってそれぞれですが、
症状が比較的強く出る方は、もう今から☆少しでも早く☆
治療を開始されると症状の深刻化を軽減することができます。

【花粉シーズン中に大切なこと】
・外出時にはマスクやメガネを着用すること
・ウールやニットなど(凸凹した素材)花粉のつきやすい素材の上着は避けること
(ポリエステルなどすべすべした素材が良い)
・帰宅時には玄関前で服をよく払い、
 手洗いと同時に顔を洗ったりお化粧を落とすこと
・洗濯物は室内に干すこと

いまなおインフルエンザが猛威をふるっていますが、
インフルエンザ対策と同様
・睡眠時間の確保
・なるべくストレスを軽減すること
・お酒・揚げ物・辛い物・甘い物を控えたバランスの良い食生活
(この時期積極的に摂りたいもの⇒豆類・梅干し・酢・かぼす・レモン・りんご等)
を心掛けてみて下さい。

また【舌下免疫療法】といい
完治を目指す根治療法(対処療法とは違い、完治を目指した治療法)がございます。
これは「1日1度舌の下にアレルゲンの含まれた薬を置いてしばらくしてから飲み込む」
という治療です。
少しずつアレルゲンを摂取することで、花粉症体質を根本から改善することを目指します。
花粉の飛散が終わったころから始められます。

「そらいろクリニック」ではこちらも行っております。
もし気になられる方がございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい♪

いろいろな人、いろいろな想い
みんな、そらでつながっている。
どんなそらにも陽が差しますように・・